丸瀬家

土ある暮らしから自然と生まれるものづくりの風景

IMG_3759

私たちは鳥取にある大山の麓から

自然栽培の田畑と発酵ある台所より『土ある暮らし』を提案します。

自然と調和して育ったお米と胡麻、

日本風土が育む発酵するものをつくり、伝えていきます。

「国語・算数・理科・畑・・・」

こんな学び舎の夢へ願いを込めて。

丸瀬 和憲(まるせかずのり)

1985年、鳥取県生まれ。
建築学を専攻するため上京するものの、より自分の手で素材に触れるものづくりがしたいと思い、
「 atelier formare 」にて鞄の製作を同時に学びはじめる。
その後、約3年半にわたりフィレンツェとウィーンを主な拠点として鞄作家として活動。
その間、自転車で旅をしながら約30ヶ国を訪れる。
そんな中、ふと「自分がやりたい事を思う存分できている今の自分という存在は、
家族や仲間をはじめ多くの食べ物のいのちに支えられているからなんだなぁ」と、
ひとつのいのちがたくさんのいのちとともに在ると気づいたことをきっかけに、
直接的にいのちと向かい合える自給的な暮らしに関心を持ちはじめる。
また、2009年(株)ナチュラル・ハーモニー 代表 河名 秀郎氏の
「自然栽培から学ぶ自然と調和した暮らし方」のセミナーに感銘を受け、自然栽培農家を志す。
2012年、本帰国し岩手県花巻市にある「自然農園ウレシパモシリ」にて農業研修。
2013年 、金胡麻をはじめ麦・大豆など穀物を中心とした作物で就農し「胡麻のアトリエ」を立ち上げる。
2016年、結婚を機に夫婦の活動屋号を「丸瀬家」として、土ある暮らしの提案をはじめる。
現在、田2.5ha、畑1.5haの管理に加え、暮らしと活動の場となる元牛舎の改装に励む。

丸瀬 由香里(まるせゆかり)

1983年、千葉県生まれ。
10代のときに発症した慢性蕁麻疹で体調を崩し、それをきっかけに自然食に興味を持つ。
7年間オーガニックカフェで経験を積みながら、お菓子ユニット「あんこときなこ」を結成する。
独立をきっかけに、ユニットを解散。
拠点を神奈川県横浜市青葉区に移し、新しい屋号「可笑しなお菓子屋 kinaco」としてお菓子を焼きながら、ワークショップやイベント出店などで活動。
また、女性3人で結成した「妄想都市食堂」のメンバーとして料理やお菓子を担当。
2016年結婚をきっかけに、「丸瀬家」の台所を担当。
著書に「可笑しなお菓子屋 kinacoのオーガニックな焼き菓子 ビスケ、クッキー、マフィン」(文化出版局)。

6 thoughts on “丸瀬家

  1. 木村 聡 返信

    アドレスを登録します。よろしくお願いします。

    1. 丸瀬家 返信

      木村さーん

      何から何までありがとうございます◎
      嬉しいです!

      再会を楽しみにしています!

  2. 小山 哲儀 返信

    ようこそ鳥取へ。
    こんにちわ。鳥取市に移住して約20年の小山です。
    2年後に鳥取市で自然農、養蜂、移動&固定のベジタブルマフィンカフェを始めようと、準備中の折り「ビスケ、クッキー、マフィン」がコンセプトにあうと思い購入したところ、鳥取に移住と書かれていたのでびっくりしました。
    近々伺いたい是非食べさせていただきと思います。
    よろしくお願いいたします。
    お互いに頑張りましょうね。

    小山哲儀

    1. 丸瀬家 返信

      小山さま

      はじめまして。
      旦那の丸瀬和憲です。
      ご連絡、書籍のご購入誠にありがとうございます。嬉しいです。

      現在、由香里の目のこと、引っ越しのこと、年の瀬に向けた事務や田畑のことなど色々あり見学などは基本的にお断りしています。
      誠に申し訳ありません。

      またの機会にお会いできることを楽しみに勝手ではありますが、ご了承下さい。

      こちらこそ、今後ともよろしくお願い致します。

  3. 井上利香 返信

    勝手なお便り出した井上です。
    きなこさまの体調も心配なのですが、ぜひぜひ試作品でもいいので米粉マフィンも米粉クッキーと一緒にかわせていただけないでしょうか?
    米粉のお菓子を楽しみにしています。

    1. 丸瀬家 返信

      井上様

      御連絡大変遅くなって申し訳ありません、、。
      バタバタしていたのと体調が安定せず時間が経ってしまいました。

      米粉のお菓子ご要望にお応えしたい気持ちはいっぱいなのですが、復帰を気長に待っていただけると嬉しいです。
      またどこかで7お会いできる事楽しみにしていますね。

Leave a Reply to 木村 聡 Cancel Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です