オープンは…

【食べれる森シュトレン】

お店のオープンですが、なんと7月19日土曜日になりました…!

5月下旬の予定で準備をしていましたが、どうにもこうにも間に合わないところがパラパラでてきてしまい…ゆとりをもって7月に決めました。

まだ少し先になりますが金、土毎週オープンになりますので、ひとまずは7月19日、20日カレンダーにメモメモしていただけたら嬉しいです!

さぁてまだまだやることはいっぱい…着実にいろいろ進んでいますのでどうぞたのしみにしていてくださいね。

丸瀬 由香里

週末は…

酒粕黒糖ショコラビスケ

丸瀬家の鳥取旭米…今度はなんとお酒になります!!地元の酒蔵である久米桜酒造さんに製造をお願いしました。お酒の販売はまだ先になりますが、ひとまずもろみを絞って上槽という日本酒と酒粕に分ける工程が先月行われて我が家にも絞りたての酒粕が届きました!

酒粕まで自給できるとは…あぁ恵まれている食卓だなぁ改めて…!さてさて、酒粕がかなりマイルドでお菓子によく馴染んでくれてびっくりなおいしさのビスケがまたひとつできました。

ココア生地にとけた黒糖のかたまりとカリカリのカカオニブのアクセントに酒粕が主張せずに旨味となってひとつになってくれました。食後に先ほどコーヒーと試食しましたが夫婦でうま〜おいし〜ともうひとつに手が伸びそうなくらいペロリなおいしさでした!

そして酒粕や酒粕を使ったビスケなど週末に青杏さんのマルシェで並べていただきます。塩麹、塩メープルピーカンナッツ、酒粕ラムレーズン、酒粕黒糖ショコラ。この4種のビスケの予定です!是非お近くのみなさん足を運ばれてみてくださいね!

ーーーー

青杏+マルシェ in米子

日時:2019年5月18日(土)10:00~15:00

場所:今井書店錦町店 入口(ラバールさん側)付近と店内

米子市錦町3-90 TEL:0859-37-6700

※雨天の際は店内で開催いたします。

参加店舗

タルマーリー、焼き菓子屋、SOLARE

南部町商店、respirer、丸瀬家、コウボパン小さじいち

丸瀬 由香里

おめでとう

バナナピーカンナッツショコラタルト

丸ちゃんhappy birthday!

山芋なかったからいつもと違うレシピで。

あぁおいしかった!

ペロリ食べてくれたから良かったな。

しばらくタルトたのしめますね。

これ、冷凍してアイスタルトでもおいしいのです。

丸瀬 由香里

Ale&小夏さんほんとにありがとう!!

昨日までの4日間我が家を訪ねてきてくれたパリ在住の夫婦。旦那様Aleはパン焼き人で奥様小夏ちゃんはパティシエ。最終日に丸瀬の伊賀筑後オレゴン小麦粉でカンパーニュを焼いてくれました。いつもはルバァン種を起こして天然酵母で焼いているAle。時間もなかったのでたまたま冷蔵庫にあった有機のドライイーストでチャレンジしてくれました。

びっくりだったのは、全く捏ねないこと。捏ねると空気がたくさん含まれた生地になるので酸化した味になりやすいとか。イースト発酵なのに12時間もじっくりゆっくり時間をかけて発酵させほんとうに細部まで扱う手もやさしくて、愛がいっぱいでした。マシュマロみたいにほわんほわんの気持ち良さそうなパン生地のベッドみたいな生地…ストウブにいれて蓋をしてオーブンに入れ45分かけてゆっくり焼いていったパン!

かなり湿気のある小麦粉だからいつもより生地がダレ気味だった割には膨らんでたそう。至福の朝食でしたーーーー!!

滞在中稲の種まきや土壁塗り…たくさん2人とも働いてくれて本当に私たちは助かりました!小夏ちゃんの抹茶ティラミスもおいしかったー!

この後8月にオープンするフランスのオーガニックカフェで働くそう。次の冬に行きたいんですけど……、、!!Aleと小夏ちゃんとは共感点がたくさんで毎晩話が尽きなくたのしかったなぁ。またの再会たのしみです。

丸瀬 由香里

食べれる森シュトレン

【食べれる森 シュトレン】

お店の名前とロゴが決まりました!!

デザインは毎度お世話になっているジークさん!いつもわがままに応えてくれて本当にありがとう〜〜とっても気に入ってます^ ^

足掛け5年以上もかけてようやくここまできました。当初はゴミの山だった牛舎…よくまぁここまで蘇らせたなぁーーー丸ちゃんにまずは拍手!そしてたくさんの方の手を借りての今があり、ありがとうの気持ちでいっぱいです。

なぜこの名前になったのかというと…。去年のクリスマス時期に牛舎のムラのある土壁を見ては大工の田貝さんと丸ちゃんの間では「シュトレンみたいだね〜シュトレンウォール(シュトレンの壁)じゃん」とよく話していたそうで帰宅する度にシュトレンウォールだわーーと口々にする丸ちゃん。その響きが妙に頭に残りいい響きだなぁと、まず思いました。そして苗木を200本以上植えた牛舎回り、、いつか食べれる森になるよねーーなったらいいよねーーと、よく話すようになり…。

“シュトレン”調べてみると、トンネルや”抗道”という意味があるそう。真っ暗闇の道でもひたすら掘り進めると金などの鉱物が出てくることがありますよね。先は見えないし結果もわからないけれど、5年10年先にはきっとここが食べれる森になりその素材で季節のシュトレンが焼けるだろうなぁ…なんて夢物語を描きながらお店に日々立てることはわくわくがたくさん詰まっているなと。

そんな想いから決まりました。

冬の間は枯れ枝にしか見えなかった木々達が、みるみるうちに緑に色づいてきました。そういえば新緑の季節かぁと。

植物達からたくさんの癒しをいただきながらみんなで育てていく場になれたらいいなぁと思ってます。

さぁーて、オープンはいつですか〜〜?!とあちこちから聞こえてきますがまだ決められず申し訳ないです。営業許可がスムーズに行けば5月下旬予定。基本的に金、土の週2になります。決まり次第お知らせしますのでもうしばらくお待ちくださいね。またあたらしい活動が増える丸瀬家ですがどうぞよろしくお願い致します。

丸瀬 由香里