2017.6.18 虹の麓の暮らし市 vol,2

niji_FLY_A5 のコピー

由香里の視神経炎のおかげ様で、
就農後初めて栽培面積を増やさなかったことで生まれた「すき間」。

そこへ吹き抜ける「お水を守る」という風。

大山の麓の名水の水源地に建設予定である「産廃」の件。
お水の事、ゴミの事、行政の事、、、いろいろ学び、たくさんのお初的な経験を頂いている。
記者会見、行政交渉、関係6自治会長訪問・・・
もはや、何屋か分からないけれども、どこへ向かっているのか分からないけれども、後悔はしたくない。

先日はるばる愛知県幸田町からお越し下さった、取引先であるにんぽう倶楽部の杉浦ご夫妻からは、「結果にこだわらずマイペースでね」と柔らかくも響くお言葉を頂き、ハーモニーの河名さんからは、「争わず、ただただ思いを伝えることを貫けるか」と取組みの肝となる部分を再確認させられる電話を頂く。

おかげ様で生まれたすき間に、自分らしく表現する産廃イベントはこちら↓。
6月18日「虹の麓の暮らし市 vol,2@山楽荘」
6月21日「夏至のキャンドルナイト事業者説明会@あをん」…

美味しく、楽しく、美しく☀︎
話を聞き、思いを伝えたい☀︎

丸瀬 和憲

water + earth = LIFE

18279078_10154448157426406_1184403788799187869_o

大山の麓に「産業廃棄物管理型最終処分場(以下、処分場)」の建設計画があります。

37年間埋め立て、10年間モニタリング管理を行う。
約47年にわたる事業。

おかげ様でここ最近、いろいろ学んでおります。
未来のために、自分のために、後悔せぬように。

「推進」「反対」「中立」とそれぞれ意見があります。

「鳥取県には処分場が無く、自分たちの産廃を県外施設にお世話になっている」
「このままでは、産業の発展に影響する」
「名水も含む水源地は適地ではない」
「施設の構造の安全性が不確か」
「全国では管理型に放射線物質を入れはじめているが、ここにもはいるのでは」
「約6年間に渡り、市長、知事ともに反対派の方々に面談されないはなぜか」
「もし何かあれば、問題は広域に及ぶにも関わらず、処分場周辺6自治会のみへの説明は不親切」
「色々な意見がある中で、事業計画書が既に提出されているのは強引では」
「そもそも、処分場をこれ以上建てる必要はあるのか」
「日本のゴミ処理は遅れているのでは」など。

個人的には、聞きたい疑問が多くひとまず「計画中止」を求めたい。
そして未来のために、行政、企業、住民がきちんと話し合い、好いビジョンを共有したい◎

代替案は本当に無いのだろうか。

徳島県上勝町のように、一般ゴミ100%リサイクル「ゼロウェイスト」の住民の取組みや、埼玉県の「石坂産業」のような産廃のリサイクル率をぐーんと高める企業の取組みなど、全国で世界で先進的に行われている素晴らしい事例を鳥取県でも取り入れれないものかと単純に思う。

「ゴミ」と「水」そして「ローカル」。
地球で生きていく上で、どれも大事な事。
みんなで「代替案」のアイデアを出し、イメージを膨らませワクワクしたい。
暮らしをデザインし「暮らしありきの仕事」がしたい。

来年は、大山の開山1300年の節目で、お祭りの年。
こんなめでたい事なのだから、すーっきりとした気持ちで祝いたい☀︎

そのために出来る事、まずは「知る」から!

明日、19日。
虹の麓の水の声ツアー
建設予定地と名水「天の真名井」巡り(ピエツさんのコーヒー付♡)
https://www.facebook.com/events/120018648567216/

そして、21日。
世界の処分場に詳しい環境ジャーナリスト山本節子氏からたくさんの事を学ぶチャンス◎
山本節子氏 講演会「水源地の産廃処分場建設計画 -隠されてきたもの-」
https://www.facebook.com/events/338082476608916/

切れ味抜群!心に響きます!
山本節子氏HP
http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=1807

前回の山本節子氏の講演会
「産廃って何だ?-私たちは何をしたらよいのか?-」
当日の講演会までに観ていただくと分かりやすいと思います。
https://m.youtube.com/watch?v=LUrF-w2th6g&t=54s

遠くて講演会への参加が難しい方にも、ご署名には協力いただけます。ウェブ署名は、こちら。
http://yodoesanpai.weebly.com/web3262621517.html

丸瀬 和憲

EARTH DAY 空山

IMG_6138 copy

明日は、アースデイ空山へ出店です。

やまこうさんのイベントとっても評判が良かった「ごま味噌みたらし餅」やりまーす。
白米餅をなたね油で揚げ焼にして、甘酒と味噌を混ぜた甘辛みたらしだれをかけ
最後にウガンダ産白ごまのパウダーを振りたれとごまパウダーを絡ませたお餅は我が家では
ごちそうなくらいのお気に入りの食べ方です。
是非この機会にお召し上がりくださいね。

その他には、米麺、甘酒など丸瀬家の商品やkinacoの書籍も並べます。
そして、つい最近届いたばかりの人参ジュースもこの日にお披露目します。
寒い冬の間雪の下であま~くなった人参と自然栽培のレモン果汁だけで加工していただいています。
こんなにさらりと飲める人参ジュースははじめてかも、、、というくらい私のお気に入りの商品になりました。
人参臭さもなく、人参だけの甘みとは思えない美味しさです。

米子からは私たちがとってもお世話になっているあわ屋さんに日々の糧さんも出店しますよー。
あわ屋さんは、丸瀬家のイセヒカリ米で揚げおむすびを作るそうです!
こちらもどうぞお見逃しなく。

そして、丸ちゃんは22日の午後から安曇野シャロムヒュッテの臼井さんと鳥取で自然農をされている小林さんとご一緒させていただく空トークにも呼んでいただいています。
どんなトークが繰り広げられるのか・・
どうぞこちらもお楽しみにです。

毎年とっても賑やかなイベントだそうで、私ははじめての参加になりますが
今からわくわくしています。
丸ちゃんが主に販売を担当して私はお餅を焼いているかと・・・。
みなさんにお会いできるのを楽しみにしています。

私たちは22日のみの出店となります。

日時 2017年4月22日-23日  11時-15時
場所 空山ポニー牧場(雨天決行)

丸瀬 由香里

merci

IMG_5616
2日前に鳥取へ帰ってきました。
なかなか充実した毎日で、冬の間こうやって外に出るのはいいなぁなんて思いました。
では、さらりと振り返ってみます。

16日は、私が千葉時代に一緒に同じカフェで働いていたみゆきさんのカフェmerciで味噌ws。
主宰してくれたのは、お客さんでもあり私たちと同じ日に入籍した磯部夫妻。
何から何までお世話になりました。

お久しぶりの方もいらっしゃっていて嬉しい再開もあり、merciの2階が座敷なのですがスタッフ合せて15名、わいわいと賑やかな味噌作りとなりました。
みなさん私たちの鳥取の暮らしにとても興味を持ってくださり、4月に井戸水がでれば牛舎を整えて
お招きしたいなぁなんて改めて思いました。

IMG_5623


IMG_5635

お食事は丸瀬家の素材を使っていただいたみゆきさんのランチプレート。
どれもおいしかったなぁ!
千葉に行かれた際は是非遊びに行ってみてくださいね。
私たちの商品も並べてくださっています。

みゆきさんに励まされながら店長をしていた千葉時代・・・なつかしいなぁ、、
笑いあり涙ありで、いろいろ乗り越えてきたなぁなんて振り返ってしまいました。
一緒に働いていた仲間のお店で活動できる事、こんなに嬉しい事はありません。
千葉はかなり久しぶりでしたが、今回開催できたことで、またお世話になりたいね~
なんて丸ちゃんとも話しているくらいmerci居心地良かったです。

参加してくださったみなさん、どうもありがとうございました。
味噌の桶開き楽しみですね。

丸瀬 由香里

関東出張はじまりました☀︎

今年2度目の大雪。

後輪駆動のボルボさんに人生初のチェーンを巻き、鳥取から千葉へ旅立ちましたが、、、

まさかの鳥取を抜けるのに7時間、、、笑

普通であれば、もう着いた?くらいのスローっぷり。
18時間の長旅になりました。

何はともあれ、無事つけてホッ。

IMG_5576
そして、昨日は出張WSの1発目となる新橋にあるアンテナショップ「ももてなし」にて、
「丸瀬家の食卓を楽しむ会」を開きました。

大きな催事スペースに9名様がギュッとコンパクトにまとまりひとつに。

参加者の皆様のおかげ様で、美味しく楽しい時間となりました!
誠にありがとうございました。

自然栽培と天然菌たちによって調う僕らの暮らしや活動のことを、
食べて、話して、五感を通して学ぶ時間をシェアさせて頂きました◎

皆様のkinacoさんを鳥取にパックてすいませんでした笑

WSの拠点となる牛舎の改装により一層精を出し、
皆様をお呼びできる場をなる早で調えますので秋迄お待ちください☀︎

明日16日は、千葉市「merci」で味噌WS。(1,2名様お席ございます)
明後日は、八街市で自然栽培全国普及会の総会。
19日は、浜松市「やまこう」にて味噌WS。(満席)

丸瀬 和憲

味噌づくりWS@日々の糧 , 米子

IMG_5441

本日は、味噌づくりWSでした☀︎

いつも買い支えて頂いている、地元レストラン日々の糧での開催でした。今年で3回目。
参加して下さった皆様は、いつもの仲間、食卓でお米を食べて下さっている方、
昨年の味噌WSに参加して下さった方々など、ミエナイチカラで結んで頂いた感じでした。

日本の伝統醗酵の世界では、
もはや当たり前となっている遺伝子操作の入った菌を使った仕込みの現状を知った時、

へーへーへーへーへー

のラッシュでした。

IMG_5434

遺伝子組み替え作物を、それはちょっと、、、と拒んでいる今日この頃ですが、
目に見えない菌の世界は既に始っていたというか、知らぬ間に超主流に。

「発酵法」という紫外線や放射線を照射し、
ある特定物質を生む事に特化した突然変異種を生み培養するという技術なくして
今の日本の醗酵文化が成り立たないのでは!?という程に。

丸瀬家は、天然菌と相性抜群の自然栽培の事を合わせて、
美味しく楽しく調和した世界のある暮らしの事をお伝えしたいなと思い、
昨年から少しづつ動き始めました。

天然菌の採種について大先輩であるタルマーリーの格さんに言われました。

「色々質問する前に、大山の麓で自分でやってみろ。」

微妙に違う気候条件下では、同じ鳥取県であれ智頭と米子は違う。
採種する建物の環境や、関わる人々の精神的、物理的状況でも違う。

見えない世界だけに奥深く、底知れぬわくわく感もたっぷり。
麹が降りるか、他の種のカビが湧くか。
返ってくる答えは、あるがまま。

今年の夏は、大山の麓に棲む天然の麹菌を自家採種するという、
丸瀬家の柱となる取組みの次なるステージへ進もうと思います◎

丸瀬家の今季の味噌WSは、
明後日の米子「あをん」さんでの開催のみを募集しております◎
お求めの方お急ぎください〜

どうぞ、よろしくお願い致します☀︎

IMG_5455

丸瀬家の味噌ws@千葉merci募集始めました◎

2月16日(木)は、千葉市にある「merci」にて味噌作りWSを致します。

みなさんとお会いできる日を楽しみにしております〜◎

下記、主催の磯部ご夫妻の◯◯◯◯(ワワワワークション)さんの告知文を転記します。

—–

『丸瀬家と味噌をつくる』

春も近づくこの季節、merciで味噌づくりを行ないます。

講師は、鳥取県にある大山の麓からやって来る「丸瀬家」のお二人。
丸瀬ご夫妻は、それぞれが自然栽培の田畑と天然菌による醗酵ある台所から、
自然と調和した土ある暮らしを提案されています。

味噌の原料は、
丸瀬家のイセヒカリの玄米に、
マルカワ味噌さんの蔵に棲む天然の麹菌で仕込んで頂いた「玄米生麹」と
「丸瀬家の白大豆」、大山の名水「天の真名井」、「内モンゴルの天日湖塩」です。

大自然の調和が生む発酵という刻(とき)を愉しむ機会になればと考えています。

当日は、丸瀬家の商品の販売もございます☀︎

日時:2017年2月16日(木) 11時~13時

会場:merci (メルシー) 千葉県千葉市弁天2-22-3
JR千葉駅より徒歩5分(千葉公園口) 京成 千葉駅より徒歩8分
※お車でお越しの方は、近隣の有料パーキングへお願い致します。

参加費:5000円 (材料費、お持ち帰り味噌1キロ、特別ランチ代込み)
※丸瀬家の食材を使った、merci特別ランチ付き☀︎

定員:10名

持ち物:エプロン、タッパー、ペン

申し込み方法: メールにて hokuoukun@gmail.com まで
①氏名、②お電話番号、③件名 「丸瀬家と味噌をつくる」申込希望
④キャンセル待ちを希望する場合、その旨明記の上お申し込み下さい。

メール受信後、こちらから受付の返信を致しますが、5日経ってもメールが届かない場合、
メールを受信できていない可能性がありますので、ご注意ください。
※キャンセル関して 3日前からのキャンセルに関してですが、材料の仕入れなどの理由から、参加費の半額をお振込みいただく形をとらせていただきます。

その他、疑問点などございましたら、
下記問い合わせ先に、ご連絡お願い申し上げます。

問い合わせ先:◯◯◯◯(ワワワワークション)磯部
hokuoukun@gmail.com
09099716665

 —–

2017年 味噌づくりWSのお知らせ

IMG_3399

「祝☆丸瀬家の味噌づくりWS -自然栽培の原料&天然の麹菌による杵と臼仕込みver.-」

【2017年のスケジュール】(2/2現在)

1/15  10:30- やまこ う@浜松     満席
   14:00-            満席
1/29 10:00- ティズクレイ@米子      満席
   14:00-                      満席
2/5   10:00- 日々の糧@米子      満席
2/8   10:30- あをん@米子       残り1人
2/16  11:00- merci@千葉              受付準備中
2/19  14:00- やまこう@浜松      満席
2/26  10:00- 大山あわ屋@伯耆町     残り3人

※各回8名様、90分間が基本型ですが、開催場所により内容と金額は異なります。

IMG_3411

IMG_3421

1、2月の寒い時期は、少人数制の「味噌づくりWS」を開催し、
皆さんと味噌を仕込む機会を作っています◎

大豆を杵と臼ですり潰してわいわいと楽しく仕込みます。
仕込んだ1kgのお味噌を持参の容器に詰めてお持ち帰り頂きます。

原料は、丸瀬家のイセヒカリの玄米に、福井県にある「マルカワ味噌」さんの蔵に棲む天然の麹菌をつけていただいた【蔵付き玄米麹】と丸瀬家の【大豆】、【内モンゴルの天日湖塩】と大山の湧き水【天の真名井】の4つです。

自然栽培の原料と天然菌のコラボレーションによるお味噌を、
皆様で美味しく楽しく仕込めたら嬉しいです◎

IMG_3433

丸瀬家の食卓を楽しむ会のイメージ

2月14日のお知らせしています丸瀬家の食卓を楽しむ会のご飯は、こんなイメージです。

バーレイティーは飲むだけでなく食べても美味しくサラダで食べていただこうと思っています。
味噌汁に見えるのは、胡麻味噌汁、、。
新商品である、ウガンダ産のごま油の絞りごまと丸瀬家の天然菌の味噌を合わせた胡麻味噌で調味しています。
これがほんとうにコクがでて美味しく、ここに麺を入れたりお餅を入れても美味しそうです。

新商品である米麺も初お披露目できそうです。
丸瀬家のイセヒカリ米の玄米を加工していただき半生米麺にしました。
ゆで時間が、沸騰した湯で麺をほぐす程度の30秒でOKなのも嬉しいです。
近頃は毎日この米麺の試作です。
さっと炒めて、焼うどん風、ナンプラーでパッタイ風、昨日はカレー味に味付たベジミートと生の白菜などで
和え麺に。
ほどよいもちもち感と、つるりさらりと胃におさまる感じが軽くて、さすがお米だなぁと、
これからの私たちの食卓には頻繁に登場しそうな予感です。
どうぞ楽しみにしていてくださいね。

丸瀬 由香里

IMG_5344 copy

丸瀬家の食卓を楽しむ会

こんにちは。
来月は、久しぶりに都内でwsを開催致します。

img_4247

私たち丸瀬家の商品を知っていただく機会を作りたいなぁ・・・
と、私たちがおすすめの食べ方をお伝えしたり、
実際に試食していただき素材の美味しさを味わっていただこうと企画しました。

そして、wsの恒例となってきましたが夫である丸ちゃんのトーク付きとなります。
田畑に対する想いや、自然栽培のお話し、また丸瀬家の素材がどうやって商品になっているかなどをお伝え致します。

IMG_4365

IMG_4662 copy

新商品である米粉や甘酒を使ったお菓子もお出ししますね。
お菓子に関しては、レシピもお渡ししますよー。
口頭にはなりますが、作り方もお伝えしますね。

その他、ライスボールやお餅、味噌、油、ふりかけなどなど・・・
みなさんの暮らしにさっと取り入れられる食べ方で試食していただきますので
どうぞ楽しみにしていてくださいね。

【イベントのご案内】

・場所 とっとりおかやま新橋館 2F 「ビストロカフェももてなし家」奥の催事スペース

港区新橋一丁目11番7号 新橋センタープレイス1・2階
03-6280-6474 (イベントに関するお問い合わせ窓口ではありません)

・交通案内
東京メトロ銀座線「新橋」駅(3番出口 ※ビル直結)徒歩すぐ
JR「新橋」駅(銀座改札) 徒歩約1分
都営浅草線「新橋」駅 徒歩約2分
新交通ゆりかもめ「新橋」駅 徒歩約3分

・日時 2月14日(火)11時~13時(10分前に受付開始致します。余裕をもってお越しください。)

・参加費  3500円(当日現金でのお支払いとなります)

・定員  8名

・持ち物 ボールペン

・メニュー ライスボール、ごま味噌汁、揚げ焼餅、人参ラぺ、barley tea、米粉のクッキーなどを予定しております。

※当日、丸瀬家の商品の販売もございます。エコバッグをご持参して頂くと助かります。

【お申し込み方法】

下記①〜④にお答え頂き、件名を【2月WS申し込み】とし、メールでお申し込みください。

①お名前(複数名の場合は人数を明記ください。)
②携帯番号
③定員の場合キャンセル待ちを希望する場合は明記ください。
④気になる丸瀬家の商品(物販の参考にさせて頂きます)

・受付先 goma_2013◎yahoo.co.jp(◎→@に変えて下さい。)

メール確認後、こちらから確認の返信を致します。
また、3日経っても返信がない場合、
メールを受信できていない可能性がありますので、お手数おかけしますが再度ご連絡下さい。

3日前からのキャンセルに関しては、材料の仕入れや仕込みなどの理由から、
参加費の半額をお振込みいただく形をとらせていただきます。
ご理解のほどよろしくお願い致します。

みなさんにお会い出来ること、楽しみにしていますね。

丸瀬 和憲  由香里