レシピ

ブルーベリーショコラクッキーサンド

 

来週はバレンタインですね…去年丸ちゃんアトピーで顔首が苦しそうだったので甘いものお預け中でしたので。。

まぁ求められてもなくただ作りたいだけですが、、今年はこんなのを作ってみました。

中のクリームは#kinacoのオーガニックな焼き菓子 にも載っているチョコクリームとアレンジしたココナッツクリームを〜。チョコクッキー生地は塩麹クッキーアレンジです。下記の材料ご参考までに

塩麹ココアクッキー

dry
地粉 125g
ココア 15g
塩ひとつまみ

wet
なたね油 大さじ4
シロップ 大さじ2と小さじ1
塩麹 小さじ1

作り方は簡単!dryの材料をボールに合わせよく混ぜ、別のボールでwetの材料を泡立て器でよく混ぜ乳化させ、dryのボールにwetを一度に加えゴムベラで合わせるだけ。

型抜きし、みりんシロップを塗ってブルーベリーをトッピングし180度の余熱したオーブンで20分焼いたらクッキーは完成!冷めてからお好みのクリームを挟んで冷蔵庫で冷やしたらできあがり〜

レシピ本お持ちの方は照らし合わせてチャレンジしてみてくださーい!

 

2枚目の写真中のはサンドにしていないクッキーは、乾物屋うおくにさんの粉山椒を合わせた和ショコラクッキー!これ、びっくりなおいしさでかなり好きだなぁ…いつか形にしたいです。

こんな感じでココアクッキーはチョコレートやナッツと合わせたり、生地にココナッツを加えたり…何も加えずお子さんと型抜きクッキーにしたり…家にあるものでまずはお試しくださいね。

少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

丸瀬 由香里

米粉レシピ

金ごまココナッツサブレ

 

材料

dry

・米粉  60g

・アーモンドプードル 35g

・ココナッツフレーク 10g

・炒り金ごま 8g

・ベーキングパウダー 小さじ4分の1

 

wet

・なたね油  30g

・お好みのシロップ 30g(私はレシピ本中の甜菜糖シロップで作っています)

・塩麹 3g

 

レシピ

①dryの材料はボールに入れよく混ぜ合わせておく。

②別のボールにwetの材料を入れホイッパーでよく混ぜて乳化させておく。

③①のボールに②を全て入れゴムベラでまぜひとまとめにする。

※オーブンを160度に予熱し始める。

④ラップの上に③の生地をのせ上にもラップをしき綿棒で7mm位の厚さにのばし丸型で型抜きをする。

⑤天板にクッキングシートをしき④を並べ、160度の予熱したオーブンで10分150度に下げて12〜15分焼きほんのり焼き色がついたら焼き上がり。

⑥完全に冷めサクサクとしたサブレの食感になったらいただく。

台湾本

台湾本になりました!

【kinacoのオーガニックな焼き菓子 】たくさんの方に手にとっていただけますように。

丸ちゃんは台湾人の友人がいるそうで、ますます台湾旅に行きたくなっているこの頃…。

さて振り返れば出版日と同時期に体調を壊し休業してしまった私…

完治はしてないもののおかげさまで今は毎日元気にやっています!

ご心配いただいたみなさん本当にありがとうございました。

身体の不調にはたくさんのメッセージが詰まってるなぁと改めて感じた1年半でした。

ゆっくりゆっくりマイペースでお菓子の仕事も再開していますので、引き続きよろしくお願い致します。

 

丸瀬 由香里

ビクトリアンケーキのレシピ

ビクトリアンケーキ

本来はもっとリッチなケーキなのだろうけれど、軽い口当たりで食後もペロリなケーキだったのでご紹介!

ちょうど昨晩丸ちゃんが忘年会に一品持って行きたいと言うので、アーモンドプードル入りのレシピも試してみました。が、私は入れないレシピが好きでした〜。

というわけで、生地はkinacoのオーガニックな焼き菓子 中のレシピより”塩麹マフィン”の分量そのままです。180度で20分、170度に下げて10分、更にアルミホイルを被せて170度で10分で焼き上がります。竹串などでなま生地がつかないかチェックし、つくようなら5分ずつ追加して焼き上げてくださいね。

サンドするクリームはレシピ中の豆乳クリームと豆乳ヨーグルトを各150gを混ぜ合わせてザルの上にキッチンペーパーなどを敷きその上にのせ、一晩水切りしヨーグルトクリームにします。

スポンジが冷めたら真ん中で上下をカットし、下のスポンジの表面回り1cmくらいは空けておきお好みのジャムを全体に塗り、その上にヨーグルトクリームを塗り上部のスポンジを重ねます。粉糖を振り、お好みでアーモンドスライスを散らせば出来上がり!

もちろん生クリームをホイップして挟んでもおいしいと思いますので、お好みでアレンジしてよろしければお試しくださいね!

 

丸瀬 由香里

ごま粉レシピvo.2

のり塩ポテトマフィン

材料

dry
・米粉90g
・コーンスターチ20g
・ごま粉25g
・青のり大さじ1
・ベーキングパウダー6g
・自然塩1g

wet
・なたね油40g
・甘酒50g
・酢5g
・豆乳160g
・にんにくすりおろし2分の1片

フィリング
・じゃがいも中2個
・玉ねぎ中2分の1個
・青のり大さじ2分の1
・菜種油大さじ2分の1
・塩コショウ適宜

レシピ
①フィリングを作る。じゃがいもは半分にカットし、小鍋に入れ底から3cmくらいの水を入れ火にかけ、沸騰したら弱火にし10分ほど蒸し煮し火を通す。粗熱が冷めたらトッピング用に5枚皮付きのまま7.8mmにカットし、残りは1cm角の角切りにカットする。フライパンに油を熱し、たまねぎを炒めしんなりしてきたら角切りのじゃがいもをいれ塩コショウをし、濃い目に味をつけたら最後に青のりを加え全体を混ぜバットに移し冷ましておく。
※オーブンを180度に余熱し始める

②ボールにdryの材料を全て入れ泡立て器で軽く混ぜ合わせ、別のボールにwetの材料を全て入れ泡立て器でよく混ぜdryのボールに一度に加えよく混ぜる。

③②のボールに①のフィリングを入れゴムベラで混ぜ合わせ、マフィン型にスプーンを縦にしながら入れていく。トッピング用のじゃがいもをのせ、刷毛で油(分量外)を軽く塗り粒コショウ(分量外)を振り180度の余熱したオーブンで10分、170度に下げて更に15分焼き美味しそうな焼き目がついていたら出来上がり。

丸瀬 由香里

塩麹クラッカー

シンプルすぎる材料なのに後引く塩気でお気に入り。
この分厚さがほろほろ+はらりはらりとした食感を生み出してくれて満足度が高いクラッカー。

 

材料

地粉 200g
塩 2g

なたね油 3分の1カップ
水 大2と小2分の1
塩麹 大2分の1

レシピ
①ボールに地粉と塩をいれ手でぐるぐるかき混ぜておく。
②なたね油を一度に加え、手で擦り合わせて油を全体に馴染ませる。
③水に塩麹をいれて混ぜ、②に一度に加えゴムベラで切るようにして混ぜひとまとめにする。
④オーブンを180度に余熱し始める。ラップの上に生地を置き、めん棒で5ミリ位の厚さに伸ばし5cm角くらいに包丁で切れ目をいれ、クッキングシートをしいた天板に並べていく。膨らまないようにフォークで穴を開け、180度で25分ほんのり焼き色がつき始めていたら出来上がり。
⑤冷ましてからいただきます!

昨晩は豆乳マヨネーズで作ったポテトサラダと一緒に食べました。フムスやディップ、豆乳クリームにジャムを添えておやつにしてもおいしいです〜

クリスマスパーティーの食卓にもお役に立てるはず。

ピンときた方は是非お試しくださいね。

 

丸瀬  由香里

ベイクドタルトフィリング

直径9.5cmのマドレーヌ型5個分

 

タルト生地は、【kinacoのオーガニックな焼き菓子】のレシピ本中″塩麹クッキー″の生地を45gずつに分け手で丸め、油を塗った型の中心に置き、手で伸ばしながら型に敷き詰めていく。

※余った生地はクッキーとして一緒に焼いてしまいましょう!

180度に余熱したオーブンで18分焼く。

まずはここまでやっておく。

 

 

材料

dry

・アーモンドプードル    100g

・甜菜糖  60g

 

wet

・豆乳  大さじ2と2分の1

・菜種油 大さじ2

・大和芋すりおろし 大さじ 2

・塩麹  小さじ1

・ラム酒  小さじ1

・レモン汁小さじ1

 

レシピ

①ボールにdryの材料を入れ混ぜておく。

②別のボールにwetの材料を全て入れ、ホイッパーでよく混ぜておく。

③①のボールに②を一度に加え、ゴムベラで混ぜ合わせ生地をひとまとめにする。マジパンの様な生地になります。

④③を5等分にし(約50gずつ)焼き上がって粗熱が取れたタルト生地の中心にのせ、手で均一に伸ばしていく。

⑤お好みのフルーツやナッツをのせ180度に予熱したオーブンで25分焼き焼き、焼き色が少しついていたら取り出し、足りないようなら5分ほど焼きたし粗熱を取る。

※フルーツは水分が少ないものがおすすめ。バナナ、ブルーベリー、いちごなど。またナッツは予めローストしたものを使います。またさつまいもやかぼちゃなどもおいしいです。その場合は必ず蒸して火を通したものを使います。栗の渋皮煮でも!

 

冷凍してアイスタルトとしていただくのもとってもおいしいです。

 

秋はさつまいもやかぼちゃで是非。

シナモンやカルダモンをきかせてもまたおいしいです!

 

丸瀬  由香里