丸瀬家の味噌仕込み

本日は、丸瀬家のお味噌を仕込みました。

本年度の味噌仕込みの取りを飾りました◎

今年より縁あって丸瀬家の原料を持ち込み、
キチントした味噌加工施設をお借りして仕込ませて頂きました◎

おかげ様で来年からは、卸での販売も可能となりそうです。

乞う、ご期待下さい!

丸瀬 和憲

IMG_5798

 

IMG_5812

 

種籾の準備

春が近いなとそわそわしてきました☀︎

日も長くなり、田畑のモードがONしそうであります!
帰りの時間も少しずつ遅くなり、身体も少しずつ機敏に。
由香里が早くもいろいろ心配しております笑
まだまだ、こんなもんじゃありません◎

今日は、イセヒカリと滋賀羽二重の種籾の準備をしました。
まず、脱穀。
昔ながらの木製の足踏み脱穀機の状態の良い物とのご縁が無く、新品を買いました。

色味にレトロ感ありテンションは上がりペースも好し◎

IMG_5717

IMG_5693

この後、とうみとふるいをかけ、籾だけにしました。

「芒とり」「塩水選」「浸漬」と作業は地味にとても慎重に続きます。

なぜ、コンバインで収穫した米から種籾を選ばないかと言うと、
粒へのダメージをなるべく少なくしたいから。

いのちの始まりである「種」の大切さは、お米づくりを通してとても学びました。

お米と胡麻が日本に渡ってきたのは、縄文時代晩期と言われています。
今から約2000年以上前のこと。
それにもかかわらず、お米と胡麻の栽培技術についての研鑽の差は歴然。
やはり、いのちの源である主食とその他の作物の差ですかね。

「苗半作」と言われ、苗づくりで収穫の善し悪しの半分は決まるという意味ですが、
中でも稲作の苗づくりの前の種の準備には誠にしびれますわ。

IMG_5746

この稲藁は、とーっても貴重な丸瀬家の財産となります◎

天然菌の納豆を仕込んだり、
改修をすすめる牛舎の土壁の素材となったり、、

土ある暮らしでは大活躍致します☀︎

9日からは、農繁期前の最後の旅に出ます。
でもその前に、明日は地元の味噌加工施設にて「丸瀬家の販売用お味噌」を仕込みます◎
もちろん、天然水と天然菌のコラボレーションです。
持ち込み原料への幅広い理解のあるセンター長様方に感謝致します。
来年は、卸売り販売も始めれそうです!
やっほーい◎

丸瀬 和憲

その後

IMG_5607

17日は、丸ちゃんはお世話になっているナチュラルハーモニーの総会へ。
私は渋谷へ呼吸法へ行き、その後久しぶりに会いたかった友達と会っていました。

目ですが、本当にびっくりなくらいの回復で右目は普通にまで戻っています。
左目は、まだまだぼやけていて左目だけでは不自由ですが、片目あれば普通の生活は不自由ないです。
一時は、色もほとんど消えてしまったので、別世界に来たかのような感じで毎日毎日あー失明まで短いな・・・
くらいに進行が速く恐怖しかなかったです。
でも、ある時から’今日は字が見えている’となり、それからは日に日によくなってきて今は視神経炎という病も受け入れることができています。
完治は難しいようなのですが、自分の自然治癒力を今は信じてみようとひとまずできることを毎日やっている感じです。呼吸法に出会えたこともよかったし、振り返ると私は極限まで自分の身体が無理していることに気づけない人で
身体を壊してやっと気付く感じなので今は心と身体に向き合えていてとても穏やかに暮らせていることにも感謝です。

ナチュラルハーモニー河名さんの言葉の中に”起こることは全て浄化作用”とあるのですがそう今は全てを思えていて、溜まったものが浄化しているんだという感じです。
きっと完治してこんな経験誰もが出来ることではないので、私だからお伝えできることがあるんじゃないかなぁなんて思っています。
でもでも、焦らずゆっくりですよね。
幸せな事に、土のエネルギーいっぱいの丸ちゃんが栽培した素材に囲まれて暮らせています
ありがとう!
これには心から感謝です。
ひとまず、おかげ様で元気になっていますのご報告とさせていただきます。

IMG_5581

さて、18日は私は姉家族と母と鴨川シ―ワールドへ、、、。
シャチのショー必見!
こども騙しかと思いきや、かなりはしゃげます、、。
お昼は直ぐ近くのearth treeカフェへ。
オーガニックでとても素敵な家族が経営されていて、居心地満点です。
みなさんも是非に。

そして19日は、朝5時出発で静岡県やまこうさんへ。
お味噌のWSでした。
お菓子を買ってくださっていた方にもたくさんお会い出来てよかったなぁ。
親子で参加してくださった方もいて良き時間となりました。
軽食に、胡麻みそ汁、磯部餅、みたらし餅を食べていただき簡単なのに美味しすぎなお餅や味噌汁に
感動してくださり嬉しかったなぁ。
実際に食べていただくのが一番伝わりますよね。
やまこうさんには丸瀬家の商品のほとんどが並んでおりますので
お近くの方は是非お試しくださいね。

夜は、「おかげ朝一1周年のお食事会に」参加さえていただきました。
スタッフの方あってこそのイベントで、みなさんもっとよくなるにはどうしたらよいのかを
考えて毎回開催されている様子が本当に伝わりました。
3月は丸瀬家も出店しまーす!
美味しくお餅を食べていただこうと今からわくわくしています。
夜は飯田家にお泊り。
遅くまでおしゃべりして笑ったーーー
飯田家は楽しいです。
やまこうさんが愛されているのは、飯田さん家族のお人柄からですね。
なんと4月には、鳥取県智頭町に引っ越してくるとおいうので
同じ鳥取で飯田家の存在は私たちにとって心強いです。
これからがますます楽しみな鳥取となってきました。

そして、昨晩は我が家にらぐるぽ山口家が来てくださいました。
なんと6時間も食べて飲んでお喋りして・・・・・。
あっという間に楽しい時間は過ぎていき良い時間となりました。
丸瀬家の甘酒を使ってくださっていて、甘酒アイスがとても好評のようです。
ほんとうに今まで食べた事の無いくらいの美味しさで、後味がよいんです。
こんなにきれいなアイスは初めてで感動すらしてしまいました。
お近くの方は是非らぐるぽさんへ。
山口家も丸瀬家も今年は、伝えることにエネルギーを注ぎたいと思っていて
今年は一緒にイベントを開催できたらと思っているのでどうぞみなさん楽しみにしていてくださいね。

さーて、日常に戻りまね。
丸ちゃんは早速、人参の収穫に畑に行ったまま帰ってきません。
冬の間はメリハリ!

丸瀬 由香里

merci

IMG_5616
2日前に鳥取へ帰ってきました。
なかなか充実した毎日で、冬の間こうやって外に出るのはいいなぁなんて思いました。
では、さらりと振り返ってみます。

16日は、私が千葉時代に一緒に同じカフェで働いていたみゆきさんのカフェmerciで味噌ws。
主宰してくれたのは、お客さんでもあり私たちと同じ日に入籍した磯部夫妻。
何から何までお世話になりました。

お久しぶりの方もいらっしゃっていて嬉しい再開もあり、merciの2階が座敷なのですがスタッフ合せて15名、わいわいと賑やかな味噌作りとなりました。
みなさん私たちの鳥取の暮らしにとても興味を持ってくださり、4月に井戸水がでれば牛舎を整えて
お招きしたいなぁなんて改めて思いました。

IMG_5623


IMG_5635

お食事は丸瀬家の素材を使っていただいたみゆきさんのランチプレート。
どれもおいしかったなぁ!
千葉に行かれた際は是非遊びに行ってみてくださいね。
私たちの商品も並べてくださっています。

みゆきさんに励まされながら店長をしていた千葉時代・・・なつかしいなぁ、、
笑いあり涙ありで、いろいろ乗り越えてきたなぁなんて振り返ってしまいました。
一緒に働いていた仲間のお店で活動できる事、こんなに嬉しい事はありません。
千葉はかなり久しぶりでしたが、今回開催できたことで、またお世話になりたいね~
なんて丸ちゃんとも話しているくらいmerci居心地良かったです。

参加してくださったみなさん、どうもありがとうございました。
味噌の桶開き楽しみですね。

丸瀬 由香里

関東出張はじまりました☀︎

今年2度目の大雪。

後輪駆動のボルボさんに人生初のチェーンを巻き、鳥取から千葉へ旅立ちましたが、、、

まさかの鳥取を抜けるのに7時間、、、笑

普通であれば、もう着いた?くらいのスローっぷり。
18時間の長旅になりました。

何はともあれ、無事つけてホッ。

IMG_5576
そして、昨日は出張WSの1発目となる新橋にあるアンテナショップ「ももてなし」にて、
「丸瀬家の食卓を楽しむ会」を開きました。

大きな催事スペースに9名様がギュッとコンパクトにまとまりひとつに。

参加者の皆様のおかげ様で、美味しく楽しい時間となりました!
誠にありがとうございました。

自然栽培と天然菌たちによって調う僕らの暮らしや活動のことを、
食べて、話して、五感を通して学ぶ時間をシェアさせて頂きました◎

皆様のkinacoさんを鳥取にパックてすいませんでした笑

WSの拠点となる牛舎の改装により一層精を出し、
皆様をお呼びできる場をなる早で調えますので秋迄お待ちください☀︎

明日16日は、千葉市「merci」で味噌WS。(1,2名様お席ございます)
明後日は、八街市で自然栽培全国普及会の総会。
19日は、浜松市「やまこう」にて味噌WS。(満席)

丸瀬 和憲

味噌づくりWS@日々の糧 , 米子

IMG_5441

本日は、味噌づくりWSでした☀︎

いつも買い支えて頂いている、地元レストラン日々の糧での開催でした。今年で3回目。
参加して下さった皆様は、いつもの仲間、食卓でお米を食べて下さっている方、
昨年の味噌WSに参加して下さった方々など、ミエナイチカラで結んで頂いた感じでした。

日本の伝統醗酵の世界では、
もはや当たり前となっている遺伝子操作の入った菌を使った仕込みの現状を知った時、

へーへーへーへーへー

のラッシュでした。

IMG_5434

遺伝子組み替え作物を、それはちょっと、、、と拒んでいる今日この頃ですが、
目に見えない菌の世界は既に始っていたというか、知らぬ間に超主流に。

「発酵法」という紫外線や放射線を照射し、
ある特定物質を生む事に特化した突然変異種を生み培養するという技術なくして
今の日本の醗酵文化が成り立たないのでは!?という程に。

丸瀬家は、天然菌と相性抜群の自然栽培の事を合わせて、
美味しく楽しく調和した世界のある暮らしの事をお伝えしたいなと思い、
昨年から少しづつ動き始めました。

天然菌の採種について大先輩であるタルマーリーの格さんに言われました。

「色々質問する前に、大山の麓で自分でやってみろ。」

微妙に違う気候条件下では、同じ鳥取県であれ智頭と米子は違う。
採種する建物の環境や、関わる人々の精神的、物理的状況でも違う。

見えない世界だけに奥深く、底知れぬわくわく感もたっぷり。
麹が降りるか、他の種のカビが湧くか。
返ってくる答えは、あるがまま。

今年の夏は、大山の麓に棲む天然の麹菌を自家採種するという、
丸瀬家の柱となる取組みの次なるステージへ進もうと思います◎

丸瀬家の今季の味噌WSは、
明後日の米子「あをん」さんでの開催のみを募集しております◎
お求めの方お急ぎください〜

どうぞ、よろしくお願い致します☀︎

IMG_5455

1月24日(火)今日の晩ご飯

 

IMG_5320 copy

ニュースの通り、鳥取はすごいことになっておりまーす。
80㎝は積もったかなぁ。
丸ちゃんは何度も車が雪にはまったりスリップしたりで、さすがに外出諦めています・・・・。
我が家は一部停電、、、延長コードで過ごす日々です。

IMG_5302 copy

外出できないので、米粉マフィン試作したりしてます。
甘酒だけで甘みをつけると日にちが立っても割と美味しさを保てていい感じ。
まだまだ試行錯誤が続きます。

IMG_5352 copy
・大根のポタージュ
・米麺のカレー和え麺
・みたらし餅
・春菊とあらめのサラダ
・キャロットラぺ
・ごはんのお焼き

昨晩は余りものご飯・・・。
餅に、麺に、ごはんに・・・
主食が3品もありました笑。

しばらく畑も行けないので、家にあるものでうまく料理しなければ。
雪国初心者、毎日学びあり。

丸瀬 由香里

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

img_4453

昨晩は、丸ちゃんが研修でお世話になっていたウレシパモシリさんから届いたお蕎麦と
米粉のかき揚げで年越し蕎麦をいただきました。
テレビがない丸瀬家なので、紅白を見ることもなく23時には就寝でした。

丸ちゃんと一緒に一年を振り返ってみましたが、本当にいろんな事が起こった2016年だったなぁと。
年明けに急に結婚が決まって、暫くはその準備でお互いの実家に挨拶に行ったりして3月に入籍。
そのあとは4月から8月まではレシピ本の事でアタフタでした。
9月に出版させていただき、それと同時に目が病になり仕事は休業し、横浜のアトリエを引き払って
11月には鳥取に引越し。

その間にも、横浜と鳥取はお互いが行き来しなかなか動いた一年だったなぁと。

また体のデトックスも目意外にも実はいろいろしてまして、2ヶ月も中耳炎が治らなかったり、
腹痛で救急車で運ばれたりと、、、まぁいろいろ起きた昨年度!
今まで休むことをしないで働いてきたような10年だったので、30歳を過ぎていろいろ限界を超えてきたんだと思います。
でもでも、出せる身体なだけ良い方ですよね。
今も左目は視野がほんとうに狭いのですが右目が回復してきたおかげで主婦をする分には
不自由ないです。
難病と言われて、一時は見えなくなることまで考えて苦しかったですが、
症状にも波があることがわかったので自分の身体を信じて、
土のエネルギーがたくさん入ったものをいただいて暮らしていたら気づいたら治っていた、、
くらいに無理なく復帰できればいいなぁと思っております。

さてさて、昨年度はたくさんのお米やお餅のオーダーみなさんありがとうございました。
冬の間は農作業が少し落ちづくので、
その間に加工品などの商品化やwsに時間を注ぎたいと思っています。
2日前にはマルカワ味噌さんに天然菌で作っていただいたイセヒカリの玄米甘酒が届きました。
一口舐めてみると・・・
あまりの美味しさにびっくりでした。
優しい甘みと食べた後に口に何も甘ったるさが残らないくらいにスッキリとした甘酒です。
天然菌と丸ちゃんの栽培したイセヒカリ米がほんとうに調和されている感じ、
角がなくこれは小さなお子様にも安心してオススメできる商品だなぁーと嬉しくなりました。
早速、豆乳と一緒にアイスにしてっみたら絶品!

img_4424

こういうものを伝えていきたいですね。
こちらも今月中にはラベルづけなどして販売致します。
どうぞ楽しみにしていてくださいね。

2017年はまずは自分たちの暮らしを豊かにすること。
ごちそうをいただく毎日よりも、顔の見える食卓が丸瀬家にとっては豊かです。
わたしたちの暮らしの中で生まれた物事を、みなさんにもお伝えしますね。

それでは、みなさんも良いお年をお迎えください。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

丸瀬和憲 由香里

丸瀬家の玄米丸餅が誕生しました。

本日は、丸餅の仕込み初日。

もち米は、「滋賀羽二重(しがはぶたえ)」という滋賀県で生まれた品種。

滋賀農業試験場が戦前に生み出した傑作ともいわれ、
「もちの王様」「もち米最高級」などと称され、とりわけ和菓子の原料に好まれるそうです。

粘り、伸び、コシがあり、きめが細かい特徴があります。

img_3747

お米の収穫後、玄米餅を仕込んで頂ける県内の加工場を探しておりました。

玄米餅は白餅や草餅、かき餅、しゃぶ餅に比べ
まだまだ一般的なものではないので、探すのは困難かと思っておりました。

しかし、縁あって日南町の長谷川商店さんのお母さんの長年の餅作り経験で、
白餅の時とは違う感覚を調整して下さり、人生初の玄米餅の試作・製造まで誠にスムーズでした。

製造の1番のポイントは、「とり粉」といわれる加工でんぷん粉や上新粉を使わず作るところです。

それは、
とり粉を使う事で、お餅がカビる原因の一つになること、
口に入れた時の食感の違いから美味しさに影響する事があります。

この事で、パッキングの際にお餅の滑りがすこぶる好くなく、
お母さん達を非常に困らせてしまっていますが、
「作業性」よりも「美味しさ」をと懇願し快諾して頂いています。

製造に関しては、隣の岡山県で大人気の玄米丸餅を作っておられる
先輩農家の蒜山耕藝の裕治さんに色々教えて頂きました。

皆さんのお陰様です。本当に感謝しています。

img_3774

昔ながらの杵つき杵搗きです。

img_3874

季節仕事として集まる地元のお母さん達。みなさん元気で賑やかです。

 

img_3939自然乾燥後、真空パックに詰められます◎

仕込み中は、お餅の可愛さにずーっと感動でした。

 

大神山神社へ

本日、12月3日。

ひふみの好いゴロ◎

晴天☀︎

大好きな場所へ。

出雲大社のご神体とも言われる「大神山神社 奥宮」に参拝にいって来ました。
img_4014
少し早いですが、
今年1年間、何はともあれ今日まで無事過ごせた事や、
たくさんの自然の恵みを頂いた事へ感謝を伝えるため、
お米と胡麻の奉納に行って参りました。

直に雪ですっぽり埋もれてしまうその前に来たかった。

約700mの日本一長い自然参道をもつここの足下はデコボコしていて、
由香里には少しハードだと思ったけれど、天気にも恵まれ楽しくて好かった◎
日頃の運動不足もあった様なので、本日は、色々と神様に感謝です◎