2017.6.18 虹の麓の暮らし市 vol,2

niji_FLY_A5 のコピー

由香里の視神経炎のおかげ様で、
就農後初めて栽培面積を増やさなかったことで生まれた「すき間」。

そこへ吹き抜ける「お水を守る」という風。

大山の麓の名水の水源地に建設予定である「産廃」の件。
お水の事、ゴミの事、行政の事、、、いろいろ学び、たくさんのお初的な経験を頂いている。
記者会見、行政交渉、関係6自治会長訪問・・・
もはや、何屋か分からないけれども、どこへ向かっているのか分からないけれども、後悔はしたくない。

先日はるばる愛知県幸田町からお越し下さった、取引先であるにんぽう倶楽部の杉浦ご夫妻からは、「結果にこだわらずマイペースでね」と柔らかくも響くお言葉を頂き、ハーモニーの河名さんからは、「争わず、ただただ思いを伝えることを貫けるか」と取組みの肝となる部分を再確認させられる電話を頂く。

おかげ様で生まれたすき間に、自分らしく表現する産廃イベントはこちら↓。
6月18日「虹の麓の暮らし市 vol,2@山楽荘」
6月21日「夏至のキャンドルナイト事業者説明会@あをん」…

美味しく、楽しく、美しく☀︎
話を聞き、思いを伝えたい☀︎

丸瀬 和憲

やまこう|森のエネルギーかろり OPEN

18216787_1828951207370383_4730475216373104748_o

浜松にて自然栽培や天然菌醗酵の食品等を取り扱われる「やまこう」さんが、縁あって鳥取県智頭町でもお店をされる事になりました。
 
丸瀬家のすべてのアイテムを取り扱って頂いております。
店内では、お餅、人参ジュースなど召上がれます◎
 
|| プレオープンのご案内 ||
5月6、7、8、9、18、19、25、26、27、28日
11:00 open – 18:00 close

||やまこうHP||
https://www.yamakou.co/

雑誌「Hanako」に掲載して頂きました。

IMG_6395

「丸瀬家の玄米甘酒」を取り上げて頂きました。

由香里の憧れの女性の1人である
野村友里さんの連載ページ「Good Neighbors, Good suppliers」。

誠に嬉しい限りです。

いつかは、大山の麓で自然栽培米と天然の麹菌のコラボレーションは実現したい☀︎

丸瀬 和憲

 

water + earth = LIFE

18279078_10154448157426406_1184403788799187869_o

大山の麓に「産業廃棄物管理型最終処分場(以下、処分場)」の建設計画があります。

37年間埋め立て、10年間モニタリング管理を行う。
約47年にわたる事業。

おかげ様でここ最近、いろいろ学んでおります。
未来のために、自分のために、後悔せぬように。

「推進」「反対」「中立」とそれぞれ意見があります。

「鳥取県には処分場が無く、自分たちの産廃を県外施設にお世話になっている」
「このままでは、産業の発展に影響する」
「名水も含む水源地は適地ではない」
「施設の構造の安全性が不確か」
「全国では管理型に放射線物質を入れはじめているが、ここにもはいるのでは」
「約6年間に渡り、市長、知事ともに反対派の方々に面談されないはなぜか」
「もし何かあれば、問題は広域に及ぶにも関わらず、処分場周辺6自治会のみへの説明は不親切」
「色々な意見がある中で、事業計画書が既に提出されているのは強引では」
「そもそも、処分場をこれ以上建てる必要はあるのか」
「日本のゴミ処理は遅れているのでは」など。

個人的には、聞きたい疑問が多くひとまず「計画中止」を求めたい。
そして未来のために、行政、企業、住民がきちんと話し合い、好いビジョンを共有したい◎

代替案は本当に無いのだろうか。

徳島県上勝町のように、一般ゴミ100%リサイクル「ゼロウェイスト」の住民の取組みや、埼玉県の「石坂産業」のような産廃のリサイクル率をぐーんと高める企業の取組みなど、全国で世界で先進的に行われている素晴らしい事例を鳥取県でも取り入れれないものかと単純に思う。

「ゴミ」と「水」そして「ローカル」。
地球で生きていく上で、どれも大事な事。
みんなで「代替案」のアイデアを出し、イメージを膨らませワクワクしたい。
暮らしをデザインし「暮らしありきの仕事」がしたい。

来年は、大山の開山1300年の節目で、お祭りの年。
こんなめでたい事なのだから、すーっきりとした気持ちで祝いたい☀︎

そのために出来る事、まずは「知る」から!

明日、19日。
虹の麓の水の声ツアー
建設予定地と名水「天の真名井」巡り(ピエツさんのコーヒー付♡)
https://www.facebook.com/events/120018648567216/

そして、21日。
世界の処分場に詳しい環境ジャーナリスト山本節子氏からたくさんの事を学ぶチャンス◎
山本節子氏 講演会「水源地の産廃処分場建設計画 -隠されてきたもの-」
https://www.facebook.com/events/338082476608916/

切れ味抜群!心に響きます!
山本節子氏HP
http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=1807

前回の山本節子氏の講演会
「産廃って何だ?-私たちは何をしたらよいのか?-」
当日の講演会までに観ていただくと分かりやすいと思います。
https://m.youtube.com/watch?v=LUrF-w2th6g&t=54s

遠くて講演会への参加が難しい方にも、ご署名には協力いただけます。ウェブ署名は、こちら。
http://yodoesanpai.weebly.com/web3262621517.html

丸瀬 和憲

やっと回復

IMG_6307

お久しぶりの投稿になってしまいました。
4月下旬ごろから下しては嘔吐して・・から始まってなかなか抜け出せなく、ようやく3日前頃からごはんが普通に食べれるように。
丸ちゃんの一番忙しい時期に、ほとんど布団の中でした・・・・・。
私の代わりに、洗濯してご飯作って、、お互い大変だったなぁ。
普通にごはんが美味しく食べれるだけでこんなに幸せだとはーーーいろんなことにありがとうの毎日です。

そんな中5月11日は丸ちゃん32歳の誕生日!
お友達でもあるRainbow Caravan のおりえちゃんからローケーキが届きお祝いしました。
バナナとチョコでリクエスト。
ずっりりと重くてとっても満足感のあるケーキ!
美味しかったなぁ。
丸ちゃんは4分の1カットは食べてたな。
久しぶりの贅沢に心もお腹も満たされました。
おりえちゃんありがとう!

おいしいケーキとは裏腹に、あまりの体調不良続きに丸ちゃんの誕生日に泣いていた私・・・・笑。
ただ次の日にびっくりなくらい回復してきてたくさん笑っていましたねー。
泣いたり笑ったりまぁ忙しいです・・・。

そんな中、5月1日に稲の種まきしています。
2週間経った今順調に目が出てくれていて、ひとまずは一安心でホッとしています。
これから毎日田植えまで、子育ての様にして見守る毎日が続きます。
今年発芽率にばらつきがなく、田植えの時の補植も少しですみそうな予感です。
去年の補植大変だったーーと思い出せます。
丸瀬家の商品はお米からできているもので、玄米、白米、麹、甘酒、米麺、米粉・・・。
米さえあれば!
な食卓な我が家・・・・。
ここから暫くは、田畑に集中する時ですね。
丸ちゃんは、草刈さえも気持ちいいーー
と、どこのギャル男かと思う位にヒューヒュー叫びながら体を動かしています・・。

そして久しぶりのご飯の紹介。

IMG_6314

・イセヒカリの白米
・キャベツと新たまねぎの冷たいボタージュ
・ひじきの梅和え麺
・茹で卵と木の芽のサラダ
・蓮根塩つくね
・山椒おかずみそ

久しぶりのたまごは、愛知の遠山さんから60個も我が家に届いたおいしいたまごより。
もう癖なくてきれいなたまごで・・・。
御裾分けもして1パック今冷蔵庫に。
しばらくは楽しみます。
オムライスかオムレツ作りたいなぁ。

そんな訳でまたブログも更新していきますのでよろしくお願い致します。

丸瀬 由香里

旅の記録③

一文字うどんさんで昼食をいただいた後は・・・・。
淡路島の「NEHA」へ。

丸ちゃんが大山のhutでご縁になったしらが君が築100年近い古民家を修復しながら作りあげた
ほんとうに居心地が良いお店でした。
外のテラスからは海の青さが広がっていてなんて気持ち良い場所なんだろうか。
近くにあったら通っちゃうだろな。

IMG_5953

ローチョコレートRAWRAWのまみちゃんのチョコも置いていて、ほんとに美味しかった!
コーヒーやスムージーも飲めるのでチョコと合わせていただきましたが最高でした。
器や雑貨に洋服・・・店内見ていて楽しいです。
夕ご飯もご一緒させていただきましたが、面白い2人で話したりないくらいでした、、。
丸瀬家から送った人参で、しらがくんが只今カレーを作ってくれているようでイベントなどで出してくれているみたい。規格外の人参がきっと生まれ変わったように美味しくなっているのだろうなぁ。
いつか食べれる日が来ることを心待ちにしている感じです。

米子に戻ってきてから、
まみちゃんは人参のお礼にとローチョコ送ってくれたりと嬉しいお土産つきだったNEHA~。
今度は鳥取で会えるのかなと今から再開が楽しみです。
淡路島に行かれる時がある方は、是非!

そして次の日は、長野県へ。
以前から行ってみたかった「KAJIAYA」さんにお泊りです。
ひょうたんランプを作られるボボさん、YOGAの先生でもあるゆかちゃんと2人の子供ちゃんが経営されています。
中島デコさんのブラウンズフィールドで実はお二人とはお互い出店していたりで会っていたのでとっても久しぶりでしたが訪ねてほんとうによかったなぁ。
ご飯もおいしいし、みんなで食を囲んだのでゆっくりお話しできてとっても刺激になりました。
ここも古民家を再生した宿で、こんなにも古いものが蘇ると言葉では伝えれないほどに素敵になるんだなぁ・・・

IMG_5967

ととてもゆっくりできてまた来たい場所になりました。
そして、お店では今丸瀬家の商品を取り扱ってくださっています。
ウガンダ産の胡麻とふりかけ。
丸ちゃんの田畑に対する想いに応援したいと言ってくださって本当に嬉しかったなぁ。
KAJIAYAさんも是非一度は行かれてみてください!

丸瀬 由香里

 

旅の記録②

IMG_5920

2日目はお昼ご飯は、群言堂カフェでカレーやおむすびをいただき、午後からは江津[蔵庭]へ。
私がずーっとお世話人っているvege&forkマーケットイベントの主催でもある戸田家族のお店で
す。旦那さまトッティと奥さんのぞとは10年の友人でもあるくらいの仲です。
古家をリノベーションしてなんと3ヶ月でオープンしたというから驚きました。
想像以上に広く、気持のよい空間、、山の中にぽつりとあるようなカフェなので地元の方にも
喜ばれているのだろうなぁ。

夜は、自然栽培の牛蒡といったら反田さん!というくらい美味しい牛蒡を栽培している反田さんも
お呼びしてお鍋囲みました。
ミコト屋も反田さん牛蒡を取り扱っているので牛蒡はいただいたことがあってかなりケータリングにも使わせていただいていたので、丸ちゃんが反田さんと繋がっていたのも嬉しかったし、戸田家から10分の近所に反田さんが住まれていて今じゃ飲み仲間というのもびっくりでした。
飲んだーー笑ったーー、、、
反田さんこんな楽しい方だとは!
戸田家の息子ちゃんいっくんもほんとーに愉快で人懐っこくてかわいかったなぁ。

とにかく、こんな近くで素敵な活動している仲間や先輩がいることは心強いですね。
山陰、ほんとうにこれからが楽しみです。
戸田家には、お泊りさせてもらったり何から何まで、お世話になりました!
ありがとう!

さて次の日は、広島へ。
天然酵母ルサンクさんへ行き、夜は古民家のお宿お古さんへ。
私この日体調優れずで覚えていないのですが、お古さんの薪風呂最高だったそう!
羨ましい、、、。

気を取り直して、、
次のお昼くらいから調子が戻ってきたので、岡山県一文字うどんさんでお昼ご飯。
私たちの小麦粉を石臼でひき小麦粉にしていただいています。
ここで製粉していただいた小麦は、以前より香り高くなり、うどんはつるり感が増して
ほんとうに醤油かけただけでも美味しいくらいのうどんになっています。
ありがたいです。
店内次から次へとお客さんが入ってきて、大賑わいでしたーー。
香川のうどん屋さんのように、半セルフなのですが、小麦が地元産減農薬ふくほのかと社長さんが無農薬で栽培されたしらさぎの2種から選べるんです。
天ぷらも、豆腐やルッコラなどの変わり種からかき揚げやちくわなどの定番まで楽しいラインナップ!
おいしかったぁ、、、、。
ここは是非機会があれば行ってみてくださいね。
因みに、物販コーナーに丸瀬家のごま油も置いてくださってます!

丸瀬 由香里

心想事成@他郷阿部家

IMG_5877

泊まった部屋に飾ってあった掛け軸。

中国の有名な言葉。

心想事成

一心に想えば事は成す

フィレンツェで鞄の製作をしていたある日、

「多くの人々の命を支えるものづくりがしたい」

と思い立ち今日に至ります。

約7年の歳月に思いを馳せると共に、自分の原点的感覚を再認識をさせてもらえました。多謝

丸瀬 和憲

旅の記録①

IMG_5876

3月9日からの旅の記録、遅ればせなが綴っていきますね。

まずは、、9日は島根県松江にある書店[DOOR]さんへ。
ほんとうに住宅街にぽつんと佇む、隠れ家的なそれはそれは素敵な書店でした。
店主の高橋さん、私たちの活動にとても興味を持ってくださり、ぜんざいとお茶をいただきながら
次々にいろんな方を紹介していただき話が尽きませんでした。
入り口を入って扉を開けるとギャラリースペースになっていて自然光が入るとても気持ちのよい空間。
ここでたくさんの方とのご縁や広がりがあるのだろうなぁと大分長居をさせていただきました。

高橋さんといつかここで丸瀬家の食卓できたらなぁなんて想いは膨らむばかりです。
また近々おじゃまできたらと。
高橋さん、どうもありがとうございました。

出雲大社に行く予定でしたが、時間オーバーのためこの日の宿、大森町[群言堂]へ。

IMG_5892

実は私たち、この日が結婚1周年という事で、記念日の贅沢に憧れていた「暮らす宿他郷阿部家」にかなり前から予約していたのです。
全てが古いものを再生して甦らせたものでできていて、その素晴らしさは言葉では表現できないほどです。
細部まで丁寧で、美しく、、古いものがここまで輝くと長い年月使われてきた深みは本当に温かみがあります。
どこを切り取っても絵になる・・・。
ここは10年後、20年後にまた訪れても同じように心地よい場所と思うだろうなぁ。

IMG_5900

IMG_5907
お食事も素晴らしかったです。
宿泊者とスタッフでわいわいと同じ食卓を囲みます。
以前宿泊されたお客様が私たちの商品をお土産に持ってきてくださったそうでこの日のお食事にも胡麻を使っていただいたりそれは嬉しかったです。
丸ちゃんの壁のないトークにおかみ登美さんは、こんなに面白い人ははじめてかもしれない!
なんて大いにみなさんで笑って大盛り上がりな晩でした。
料理長たくさんとスタッフさんが、私のレシピ本まで持っていてくださって・・
泣けるほどに感動しました。
たくさんは、元焼き鳥屋さんだそうでいつか牛舎が整った時に丸ちゃんがにわとりを絞めてたくさんが料理して命をいただく会しましょう!と約束してきましたよ。
スタッフみなさんフットワーク軽いし私たちと同世代なので、田植えも来てくれると言ってくださり
楽しい嬉しいご縁が広がりとても充実した日になりました。

記念日は毎年来たいなーと丸ちゃんにおねだりしといた私です・・・笑。

丸瀬 由香里

米粉クッキー

IMG_6077

IMG_6078

大変お待たせ致しました。
米粉クッキー発売のお知らせです。

丸ちゃんが栽培したイセヒカリ米の米粉がクッキーになりました!
私はレシピを作り、製造は福祉作業所あかり広場さんにお願いしています。
計量したり、パック詰めしたり、シーラー、ラベル貼りに・・・・・
とっても手間ひまかかっています。

甘みは、ミコト屋にオーダーしている奄美大島の自然栽培の黒糖です。
コクがあり、黒糖なのに後味がすっきりしていて本当においしく米粉との相性も良いです。
またどちらも、イセヒカリ米にマルカワ味噌さんの蔵に住む天然菌で、麹を作っていただきその麹で塩麹を作りクッキーに入れています。
甘みを引き出してくれるのとお菓子の酸化を防いでくれています。

クッキーは2種類。
ひとつめは、黒ごまきなこ。
千葉県大多喜町稲熊さんが栽培してくださった黒豆のきなこと、
鳥取県 関金町で農家をされている谷本さんの黒ごまを使い香り高いクッキーです。

ふたつめは、金胡麻ショコラ。
丸ちゃんが栽培した金胡麻とオーガニックココア、ウガンダ産ごま油の絞り胡麻を使い少金胡麻が香ばしい少しビターなクッキーです。

どちらもさくさくほろり、とっても美味しく仕上がりました。
この一袋に、見えない菌の力、あかり広場さんの丁寧なお仕事、丸ちゃんがの田畑に注ぐ愛、信頼のおける農家さんの想い・・・
ほんとうにたくさんのエネルギーがいっぱいです。
みなさんに心より感謝です。

そして、このクッキーで”おいしい”の中にある何かが少しでも伝わりますように。
前日のお知らせですが、明日より丸瀬家HPの商店より発売です。
個数限定となりますので、気になる方は是非お試しくださいね。

また欠品しておりました胡麻のおかず味噌も明日より販売です。
既にリピートしてくださる方もいるくらいおいしいですよ~
まずは、味噌汁に溶いて胡麻味噌汁からお試しくださいね!

丸瀬 由香里